スポンサーサイト 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■家事を工夫 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。


寝ない・ずっと抱っこの赤ちゃんママの家事



寝ない・ずっと抱っこの赤ちゃんママは、赤ちゃんのお世話だけで手一杯ということが多いと思います。
でも、家事全般は、まったなし。
いくら手抜きすれば良いといっても、何もしないわけにはいきませんよね…。

寝ない・ずっと抱っこ赤ちゃんを育児しながらの家事のコツ。
それは…。

(1)時間短縮
ゆったりまったり家事をする時間なんかあるかい!
なるべく短い時間で家事をしよう!

(2)立ったまま
重い赤ちゃんをもったままのスクワットなんかできるかい!
なるべく”立って→座って””立って→座って”の連続動作をしないですむようにしよう!

というのが基本だと思っています。
ただでさえ、睡眠不足と重い赤ちゃん抱っこで疲労困憊のママです。
パワーを温存して、赤ちゃんのお世話にエネルギーを回しましょう。
余った時間は、ゆったりと自分と、そして同じく働いて疲れているダンナさんのために使いましょう♪


■ 作り置き料理の参考図書




また、離乳食の始まったベビー用に、離乳食もフリージングで対応!

 




■ 無洗米を使おう

これ、使ってみると案外楽なんです。
しかも、おいしい。
無洗米って、「米ぬか」が適度についたままだから、栄養価も高いんですよね。
おんぶしていると、「米をとぐ」という一手間が大変。
赤ちゃんが低月齢のうちだけでも、無洗米に切り替えてみませんか?
…ってうちは、ずっと無洗米ですが(^-^;



■ 冷凍できる物は冷凍しよう


意外と冷凍できる食材は多いです。
低月齢の赤ちゃんママは、頻繁にお買い物に行けないので、どうしても「買いだめ」になってしまいます。
しかも、なかなか”包丁を持って、切って、洗って”という作業をするのも大変。
出来るときに食材を大量に調理、冷凍保存しちゃいましょう。

新生児子育ての真っ最中には、その「冷凍する作業」さえ出来ないorする気力がないときもあるけれどね。
ムリせず、でも、やれるときにはやっちゃおう!

ご飯なんて、最悪、”温かいお米”と、”おみそ汁”さえあればなんとかなる!
おみそ汁を中心に紹介!


【冷凍保存可能な食材】


○おみそ汁編

油揚げ…(出来るなら切った後で)ラップで包んでパック!
お豆腐…さいの目に切ってから、使う分ごとに冷凍。(ちょっと食感が変わるけれどね)
ネギ…切った後で、使う分ごとに冷凍。
 (普通に冷蔵保存する場合、一度お水で全体をさっと濡らしてから保存すると結構長くもつ)
にんじん…生のまま、薄切りにして小分けへ。
きのこ類…洗わないでいしづきを取ってから、小分け保存。
みょうが…刻んでからサランラップに包んで。
ちくわ…輪切りにしてからラップに小分けして冷凍。
ほうれん草…さっと茹でて、冷水で色止めする。小分けにして冷凍。

これらの食材を、温めたおみそ汁(具無し)のなかへポン!
はい、出来上がり!

冷凍するときのお助け商品には、下記のものがあると便利。

  



○おかず編

挽肉…味付けして火を通し、冷めてから or 生肉を小分けして冷凍。そのとき空気がはいらないようにジップロックを使うと便利。
解凍はレンジか、自然解凍。
鶏肉・豚肉・牛肉…そのまま冷凍。もしくは小分けして冷凍。(食材に空気が触れないように、空気を抜いて冷凍してね)
解凍は、レンジか自然解凍。うちはいつもレンジで半解凍。その状態だと、お肉がサクっと切りやすい。
…急速冷凍(そういう機能のある冷蔵庫もあるよね)がいい。らしい。(たとえば、アルミ等のバットの上で凍らせるとか)
でも、うちはそのまま冷凍だなぁ。ま、新生児を育てているうちは、きにしなーい。
凍っていて、解凍されたお魚をもう一度凍らせるのは、あんまりオススメできません。味もおいしくなさそうだし、ばい菌とか増殖してるかもしれないし。


■ 家電をフル活用しよう


○電子レンジ

立派な電子レンジ、眠っていませんか?
もしかしたら「調理モード」はないですか?
調理に火を使うと、ちょくちょく様子を見たりしなくてはいけないので、赤ちゃんを子育て中はちょっと大変。
「あちゃー、焦げちゃった」なんてことも。

また、スリングなどでだっこしながら調理せざるを得ないママは、火を使うお料理はとても心配ですよね。

電子レンジに調理モードがあれば、それを使いましょう。
もし、普通のレンジしかなければ…。
いつかは買い換える時がくるかもしれない。そのときが今来たとおもって、新しく買うというのも手かもしれません。

電子レンジ。あなどれませんよ!
ジャガイモを茹でたり、にんじんを茹でたり、鳥を蒸し焼きにしたり、色々と出来るはず。
いちど、説明書を引っ張り出して読んでみよう!

>>電子レンジ関連グッズをチェック

 


○大型冷蔵庫
赤ちゃんが低月齢のうちは、なかなか外に買い物にも行けません。
食材を購入するときは、大量に一度買いをすることが多いと思います。
なので、冷蔵庫はなにかと大きめが便利。
離乳食が始まると、ますます冷蔵庫を使用する機会が増えてきます。
もし、「子どもがもう少し大きくなってから、大きい冷蔵庫に買い換えよう」と思っているのでしたら、同じ買うのならば、子育ての一番しんどい今購入するのがいいかもしれませんね。


○食洗機

「贅沢品だから要らないわ」というのが、購入前のわたしの意見。
いまや、我が家の意見は、「食洗機は、子どもが産まれたら、国が全世帯に貸与すべき!」とまで断言しています。
ちょっとオーバーですが、本当に助かります。
うちの食洗機の使い方はこちらで。


■ 買い物を工夫しよう


今ではネット環境が整備されているので、買い物もネットで簡単になりました。
食材にしろ、ちょっとした化粧品にしろ、ネットで購入できます。
新生児ママは、なかなか外にでることができませんよね。ちょっと大きくなった赤ちゃんだと、その赤ちゃん自体が重くて、お米、牛乳、サラダ油などを買ってくるのも一苦労。また店内でぐずったりすることを考えると、じっくり選んでいる暇もない…。
ネットならおうちにいながら、かなり色んな物が手に入ります。
もちろん購入するときにはじっくり選びましょう。

・送料
・クレジットなのか、コンビニ支払いなのか、銀行支払なのか
・代引きの手数料はいくらなのか

チェックすることをお忘れなく!
うちは生協の個人宅配が大助かりでした。
以前はグループを作って配送してもらうのが一般的でしたが、今は個人宅配もしてくれます。
重いお米や、牛乳も、全部玄関口まで運んでくれますよ。
素材も、生協なら安心ですしね~。いまでは、衣料品(ベビーのものも)も取り扱っています。
また頼めば、ピンポンを押さずに、玄関先に置いておいてくれます。赤ちゃんはいつ寝るか分からないので、ピンポンを押されてお昼寝を起こされてしまうとつらいですものね。基本的に保冷剤(冷凍食品にはドライアイス)付きの保冷ボックス入り。
うちの生協個人宅配の様子はこちら

掃除のコツ
[2006/08/02 10:33] ■■日々のいろいろ■■ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。