スポンサーサイト 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

(2)赤ちゃんを知らない私 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
このページは移転しました。こちらが移転先ページです。
「赤ちゃんを知らない私」



(2)赤ちゃんを知らない私


赤ちゃんを知らなすぎました…(T-T)
私。

いやね。
新生児のお世話は、昔、ちょこっとやったことはあったんです。
兄のお嫁さんのところに、大学生のころ、産後ヘルプ(買い物や洗濯や掃除)に行った経験があるんですよ。

生まれ立ての、兄嫁の赤ちゃん。
まぁ、小さくてかわいい。

で。
ベッドで寝てばっかり!

兄のお嫁さんも、ゆったり座ったり、お布団に横になったり、くつろいでいるシーンが多かったなぁ。
そして、時々ご飯を作ったり(調理は兄嫁がしてくれました)、兄のお弁当を作ったり…。
その間、静かに寝ている赤ちゃん。
思い出してみると、1週間のヘルプの間、赤ちゃんの泣き声を聞いたのはほんの数回だったような記憶がします。
しかも、ギャン泣きなんて聞いたこともない!
(いま思うと、本当にすごいなぁ。赤ちゃんの泣き声を聞いた記憶があまりないだなんて! 同じ赤ちゃんなのに、こーーんなに差がある。これじゃ、寝る赤ちゃんと寝ない赤ちゃんを育てるママとの間では、わかり合うことはちょっと難しい)

当時の私は、「ほうほう。新生児の育児とはこういうものかぁ」とわかった気になっていました。
だから、新生児のお世話には少しは慣れているはずだったんです。

そして、実際の自分の新生児子育てはというと…。

まず出産。

産院では、母子別室。
自分が産んだ我が子なのに、昼間、夜中、何をしてどんなふうにすごしているかを全然知らなかった。

三時間ごとの授乳は、授乳室で行いました。我が子と触れ合えるのはその30分だけ。
泣いてようが、眠っていようが、授乳が終われば、助産士さんに赤ちゃんを返していました。
なんの疑いも、問題も感じていませんでしたね。
「そうか、こういうものなんだ」と思っていました。

入院中、私の産後の体調が思わしくなく、発熱したりと色々とトラブルがありました。晴れて退院を迎えたのは、出産から実に二週間後。

そこから、いきなりの24時間母子密着生活が始まりました。
まだ元気いっぱいの私は、自宅での赤ちゃんのお世話に意気込んでいましたね。

「私も母親になったのねぇ。えへへぇ」

ってなもんでした。

思い出すのは、退院当日。自宅でのこと。
当然、赤ちゃんは泣きます。
最初の五分や十分の泣き声タイムは全然平気でしたね。私も余裕しゃくしゃく。

「おむつは濡れてない。じゃ、おっぱいね」

産院で教わったとおり、ちゃんと授乳しました。ゲップもさせました。

「さ。ねんね~」

大きなベビーベッドの、まっさらなベビー布団の上に赤ちゃんを乗せます。
我が子はすぅすぅ眠るはずでした。
少なくとも1,2時間くらいは。
そして、私は母になった実感を、まったり、じっくり味わうはずだったのです。


が。

が。


が!


寝ません。


そぉ~~っとベッドに置いても、お布団に着陸した途端、


「んぎゃーっっっっ」


何回もトライしてみます。
でも、だめ。

2回。

3回。

だめだっ。ベッドに置いても起きる。起きる。起きる。

「え? ちょ、まって」「あれ?」
どんどん気持ちが焦ります。

お前は、超高性能ベッド感知器が備わっているのか?
背中に何かのスイッチがあるのか?
高さセンサーが付いてる?
傾きセンサー?
いったいなに?
なんでなんでなんで?

よーーーうやくベッドで寝かせることに成功した時には、もう私はへろへろ。

呆然とため息をついて、座り込みました。
しかし、それもつかの間。


「んっ。む………………(無言のタメ)、ひゅえ~~っっっ!!」


「うそぉ~~(T-T)」


産院から退院してきたその夜、うちの子は寝ない赤ちゃんだという事実を突きつけられたのです。

(3)抱っこ・不眠との戦い!
[2006/01/30 06:20] ■■日々のいろいろ■■ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。