(6)状況が好転するとき 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
このページは移転しました。こちらが移転先ページです。
「状況が好転するとき」

(6)状況が好転するとき



そんな状態で、めちゃくちゃだった私です。

で、ある日、私は乳腺炎になってしまい、結局一週間入院してしまうことになります。

これが私の”転機”となりました。
これは、こどもが生後1ヶ月半くらいのときでした。

※ ※ ※


産院が、母乳育児に理解のある病院で、母子同室で入院させてもらいました。
そこで、助産師さんに赤ちゃんを預かって貰い、自分は点滴を打ちながらようやくまとまった時間の睡眠をとることができたのです。
私は40℃の熱が出てふらふら。乳房は赤く腫れ上がり、殴られたみたいにずきずきし、体中の節々が痛くなりました。
一日に二度のおっぱいマッサージを受け、抗生物質を飲みました。

※ ※ ※


入れ替わり立ち替わり、助産師さんが私のケアをしてくれます。
これまで一ヶ月とちょっと。我が身を削って赤ちゃんのお世話ばかりしていた私は、それが情けないほど心に染みました。

助産師さんに「がんばったねぇ」と言われました。
私は何もかもが報われた気がして、すごく気持ちがゆるんだのを覚えています。
『赤ちゃんの面倒を見てくれる人が周りにいる・辛かったのですという気持ちを聞いてくれる人が側にいる』という環境に、ホッとしたのかもしれません。

※ ※ ※


ふと見ると、助産師さんが我が子をおんぶして、機械を操作したり他の患者さんをお世話したりしているのが見えました。


「あ、なんだ。……おぶればいいじゃん」



それが、初めのきっかけです。

そうです。
心身共にリラックスできてようやく、『赤ちゃんが寝ないせいで、私は何も出来ない』と自分一人で抱え込み、自分の状況を悲観し、諦めているだけで、結局『他になにが出来るか考える』ことを止めていたことに気付いたのです。

赤ちゃんが寝なくたって、抱っこばっかりだって、出来ることがたくさんある。


初めてそう気付いた時、鬱状態から脱出することが出来ました。

長々と書いてきましたが、以上が私の「寝ない赤ちゃん育児体験談」になります。おつきあいありがとうございました。
もしも、ご自分のブログ・ツイッターをお持ちでしたら、ぜひご自身の寝ない子育児体験とともに、このブログを紹介していただければ幸いです。もっともっと、世の中のママ、(そしてプレママにも!)パパに、寝ない赤ちゃん、ずっと抱っこの赤ちゃんの存在を知って欲しいと思っています。

さて、これ以降の記事に関してですが、お好きな順番、気になる順番でお読みくださいませ。寝ない子ママの掃除のコツ、ママの不眠、育児グッズレビューなどの記事があります。
目次をまとめたページがありますので、よろしければ参考にしてください。
目 次

次のおすすめの記事は、寝ない子育児改善についてです。
どうやったら寝ない子育児が少しでも楽になるかについて、なおっぺが試したこと、おすすめすることが書いてあります。

育児改善:寝ない赤ちゃんと向き合う
[2006/01/30 01:22] ■■日々のいろいろ■■ | トラックバック(-) | CM(2)

てかコメント書くのココにあったe-284
はじめましてe-266
ミニひよこママです☆
先ほどメィル送ってしまいました↓
二重になってしまいましたが
ホント読んでよかった。。
ありがとぉございましたe-466
色々日々悪戦苦闘の毎日ですe-263
良かったらァタシもブログ
やってるんで遊びに来てください
そしていぃアドバイスをぜひ・・・e-466
[2008/06/05 15:23] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/11/21 02:46] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する