ママのココロの対処法 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
ママのココロの対処法


赤ちゃんは、どこで眠りたいのでしょう…?

それは、あなたの腕の中です。

抱っこ、しちゃいましょうよ!

寝かせるの、諦めましょうよ!

一日中、母子密着生活しましょうよ!



今まで私たちって、『人工』のものに囲まれて生きてきたと思うのです。

例えば…。
スイッチを入れれば、ちゃんとご飯が炊きあがる炊飯器。
コインを入れてボタンを押せば、ジュースが買える自販機。
おいしいパンも新鮮な野菜も売っているスーパーマーケット。
時刻表通りに電車が来る駅。
そういった、『人工』のものに囲まれてきたのです。

でもね。
でも、赤ちゃんは違います。
本当に、純粋に、『自然』なんです。『自然そのもの』な存在なんです。

例えば、農業を営んでいるかたなどは、『自然』がどんなものなのか、少し分かっていただけると思います。
どれほど丹念に種をまき、精魂込めて土を耕し、せっせと水をやったとしても、台風が来てしまって、根こそぎダメになってしまうなんていうこと、結構あることなんです。
でもそれは、仕方ないことなんです。
受け入れなきゃいけないことなんです。
それが『自然』なんです。

うーん。
上手く言えないのですが、もう、赤ちゃんという存在は『自然そのもの』。
こちらが何とかしようと思っても、どうしようもない。
そんな存在だと、初めから認識してみても良いのではないでしょうか?


●赤ちゃんの昼寝の間に『家事』をしてはいけない!


基本は、「赤ちゃんが寝ている間は、自分も寝る! もしくは、じーーっと動かず休む!」です。
ついつい、「赤ちゃんが寝た~。やったー!! この間にあれとこれとあれとして…」と考えてしまうんですよね。
わたしがそうでした…。
眠った赤ちゃんを抱っこしながら、部屋の隅っこで座っていると、あたりに散らかる洗濯物や、ゴミが目に入ってしまう。

「うーー。キタナイ。掃除したい」

そんな欲求をぎゅーーっと抑えて…。
ここで休んでおくと、後の時間の育児が格段に楽になります。
部屋が綺麗になるのと、気持ちが”綺麗”になるのと、どっちを選ぶか…という感じなのかもしれません。


●何でもかんでもやってしまおう


じゃ、いつ部屋の片づけやるの?
いつご飯つくるの?
確かにそうなんですよね。
じゃあ、と言うわけで…。

なんでもかんでも、抱っこひもで抱っこして、やってのけましょう。

「なんにも好きなことが出来ない」のと、しんどくても「いろいろ出来る」ことでは、雲泥の差ですよ。

わたしは、「出来ない出来ない~」と暗くなっていましたが、開き直って、抱っこひもを使って色んなことをしました。
掃除、洗濯、家事はもちろんのこと、お菓子だって焼きましたよ。
いやぁ、すっごいストレス解消でした(^-^;

確かに、重い赤ちゃんを抱っこひもで抱っこしての家事は大変ですよ?
ずっと素手で抱っこして、ただ部屋をうろうろしているほうが、もしかしたら体力的には楽なのかもしれない。
でも、はるかに、
「抱っこしながらお掃除した部屋で、抱っこしたままで、ほうじ茶とおいしーーいクッキーを食べる」
ということの方が、私にとっては嬉しかったなぁ。

抱っこライフをエンジョイさせるためには、良い抱っこひも・自分に合った抱っこひもを選ばなくては、ぜんぜーーーん意味ありません。
なおっぺが使っている「抱っこひも」のレビューはこちら。
スリング(北極しろくま堂:キュットミー)をつかってみた


●周りの意見は追いておいて…


抱き癖がつく?
赤ちゃんは寝ないと育たない?
寝ないと脳が育たない?
おっぱい不足?

色んなことを周りから言われると、とても不安になりますよね。
でも、とりあえず深呼吸。
泣きまくっても、あんまり寝なくても、ちゃんと育ちます。
きちんと大きくなります。

おむつ変えて、おっぱいもあげて、清潔なお洋服着せて、それでも泣くなら
もう抱っこしちゃえば良いと思うのです。
赤ちゃんは抱っこを要求しているのだと思うのです。

難しいこと抜きにして、
赤ちゃんはママのぬくもりを求め、ママはそれに応える。
それで良いじゃないですか。


●抱っこは、ほんの数年


抱っこばっかりしてると、「これがいつまで続くの?」「もうこの状態から抜け出したい」ってすっごく思いますよね。

でもでも。
我が子が自分に向かって

「抱っこしてくれ」

と要求するのって、ほんの数年です。
男の子だったりして、クールな子だったりすると、へたすれば、3,4年。
たった、3、4年なんです。
ニキビ面になるころには、きっと、親のことなんて見向きもしなくなっていて、抱きしめることなんて、もうできっこないんですよね。
そうなってしまっては遅い(笑)       


●サイレントベイビー、知っている?


時々、

「赤ちゃんが泣いているけれど、放って置いたら泣きやんだわ。それからあまり泣かない”良い子”になったの」

と言っているママがいます。
掲示板でも、「放っておけばそのうち泣かなくなる」なんて書いているママもいます。

でもね。
それ、本当に”良い子”でしょうか…?


「サイレントベイビー」という言葉があるのです。
その名の通り、押し黙った静かな赤ちゃんのことです。

赤ちゃんは、泣いて親に自分の欲求を伝えます。
でも、それに親がずっと応えないでいると、赤ちゃんは、しばらく(1時間、2時間かもしれません)すると寝てしまうでしょう。
でもそれは、「良い子」「聞き分けの良い子」になったので、泣くのをやめて寝てしまったのではありません。
「ママ! ママ!」と求めて、それを無視され、悲しみ疲れて寝入ってしまうのです。
その時の赤ちゃんの気持ちは、どんなのでしょう…。

赤ちゃんはそのうちに、欲求することを諦めるそうです。
愛情を求めることを諦めるそうです。

それが
「泣かなくなって楽になったわ」
というふうに現れるのであったら……。

ちょっと怖いと思いませんか?

確かに家事でどうしても手が離せない時もありますよね。
そのときは、10分くらい泣かせて置いて、それから、ギューーーーッと抱きしめてあげたらそれで良いと思います。


●自分だけ…じゃない


寝ない子ママからよくいただくメッセージが「赤ちゃんがこんなに寝ない、泣き止まない、って全然しらなかった!」という言葉。
そうなんですよね。
世の中にあふれる育児本では、新生児の時期を「ねんねの時期」と説明することもあるくらい。
実際、赤ちゃんによっては、本当によく寝て手のかからない子もいますからねぇ。

ですので、産んだ我が子が「寝ないベビー」だった場合、(特に、あまり「寝ない子の情報」を持っていない場合)本当に、育児がしんどいと思います。
そして、ついつい「わーーーーーっっ! 私だけだ。私だけがこんなにしんどいんだ!!! なんて不幸なんだろう…。何がいけないんだろう? 私は親失格なんだろうか?」などと思い詰めてしまうことも多々あると思うのです。

とにかく、「あなただけじゃない」ということを知ってください。
というか、きっとこのサイトを見て、感想掲示板や、助け合い掲示板を読まれたりすると、きっとわかっていただけると思います。
うん。
結構いるんです。
たまたま、寝ない子ベビーちゃんだった。しゃーないしゃーない。あきらめよう。うん。
誤解を恐れずに言うとすれば、ほら、みな平等でうまれてきたはずですが、「ものすごい美人でうまれてきた人」もいる。これはもちろん「見た目」の基準に限って言っているだけですが、やっぱり、そういう「差」がある。

とりあえず、「寝ない子って結構いるんだ」という認識を持ち、そして、諦める。それから、なんとか少しでも育児が楽になるような方法を手探りしていくのが良いのではないでしょうか?

●産後鬱関連本(Amazon)
赤ちゃんにもママにも本当に大切な 産前産後7週間の過ごし方
子育てウツからスルリと抜け出す100のコツ―つらいのは、あなたのせいじゃない!

赤ちゃん、何故泣く? 何故抱っこ?
→ほんと、なんで泣くんだろうね? そんな泣かんでもええやんかぁ~。その訳をなおっぺなりに考察。

うつむきたくなったときに読むコトバ
→ちょっと一息。子育てが辛い時に読んでみてください。ほんの少しでも気持ちが明るくなっていただけるといいなぁ。

さて。
色々とサイトに書いてきました。ママのココロは少しでも楽になったでしょうか…? 
もし良かったら、応援メッセージなど貰えると嬉しいです。感想をお聞かせくださいね。
メールを送ってみる
[2006/03/10 10:10] ■■日々のいろいろ■■ | トラックバック(-) | CM(1)

ありがとうございました

こんにちは。
明日で赤ちゃんが2ヶ月のママです。
抱っこが好きな我が子。抱き癖はつかないと信じて、私も一日中抱っこしています。
最近は、昼寝も私の上、比較的よく寝
ていた夜も抱っこがないと…と生まれた時は一人でもある程度寝ていたのに、どんどん抱っこが必要になってきて、不安に思っていた矢先に、このブログに出会いました。
私はフランス在住で、夫を含め周りは、泣かせないといけない。抱っこしすぎはよくない。夜は一人でベッドで寝かせないといけない。という考えで、私は私流でいこう。愛情をかけようと思っていた育児ですが、自信がなくなっていたところでした。
このブログに出会えて本当に元気をもらえました。
もう一度自分を信じて頑張ってみようと思います。
長くなってしまいましたが、どうしてもお礼がいいたかったので。
ありがとうございました。
この子は私の上でうつぶせ寝が好きで、私も一緒に睡眠をとらせてもらっています。
今しかないこの時期を大事にがんばります。
[2012/03/01 01:47] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する