スポンサーサイト 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

赤ちゃん、何故泣く? 何故抱っこ? 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。


赤ちゃん、何故泣く? 何故抱っこ?




●なぜ泣くの?


ほんと、赤ちゃんに「なんで泣くの~?」「なんで抱っこがいいの~」?って聞いてみたいですよね。
一般的に言われているのは…?


(1)おなかが空いた

これ、一番に言われますよね。

赤ちゃん   「ふぎゃぁ~!」
実母・義母   「ほら、赤ちゃん泣いているわよ。おなかすいたんじゃない?」
ママ      「うーーん。さっきおっぱいあげたばっかりなのになぁ」
実母・義母   「足りないのよ! おっぱい!」

うーん。良く見る光景です。
確かにおっぱいが足りていない場合もあるでしょう。


※でもこの「足りないのよ、おっぱい」の言葉って、むかっと来る場合がありますよねぇ。たとえ実母から言われたとしてもイライラしてしまうママも多いのでは? お義母さんに言われたら、何も言い返せなかったりして、もっとモヤモヤが貯まってしまう。そしてダンナは、嫁の心の内に何も気づいてくれないという悪循環。
よろしければ、なおっぺの他サイトの嫁姑問題応援サイトを読んでみてください。なにか参考になることがあれば…と思います。


でも、待ってね。
わたし、ものすっごいおっぱいの出る人間だったんです。
でも、長男は泣いた。泣きまくった。そして寝ない赤ちゃんだった。
そして、同じような感じで母乳で育てた次男は、あまり泣かない…。

一概には、泣く=おっぱい不足 と決めつけないほうが良いかも…。
抱っこして泣きやみ、それでニコニコしてくれたりするようならば、きっとただの「抱っこして」サインなんだと思います。

でも、当時の私は、それが信じられなかったんだよなぁ。

「絶対、何か原因がある! ベッドで寝ない赤ちゃんはおかしい!」

と頑なに信じていました。

(2)寒い・暑い

お部屋の中を大体20℃~25℃前後に保つと良いみたい。
背中に手を入れて、汗をかいてないかチェック。
赤ちゃんの皮膚は薄いから、あせもにもすぐなってしまいますよね。

(3)ゲップ・おなら・うんちがしたい

赤ちゃんは上手くうんちやおならが出ないと、不快みたい。
おなかを、”の”の字を書くみたいにやさしくマッサージしてあげると、出やすくなるみたい。
あとは、おむつ替えをするときに、赤ちゃんの足首を両手で持って、その手を赤ちゃんのおなかに近づけて(足を折り畳むような形)にすると、うんちが出やすくなると、新生児担当のお医者様がおっしゃってました。

ゲップも、さっき出たからといって油断してはいけません。
しばらくたってから、ものすごぉーいゲップが出たりすることがあります。

(4)ミルクの飲み過ぎ

あまりにベッドでおとなしく寝ていない赤ちゃんを目の前にして、

「きっとミルクが足りてないのだわ」

と、多めにミルクをあげちゃったりすると、逆におなかが一杯に張って苦しくなって、余計に泣いちゃうことがあります。
やっぱり容量は守りましょう。
それに、おなかが一杯になればおとなしくベッドで寝るか、といったら、そうじゃない赤ちゃんもたくさんいますしね…(T-T)

(5)果汁、飲ませ過ぎてませんか? 

2ヶ月ごろから飲める、として売っている果汁。
ついつい、「親心」で飲ませたくなってしまいますよね~。うんうん。
私もそうでした。
でも、赤ちゃんの胃はまだまだ未熟。
果汁が胃にとって大変負担になっている場合が多いのです。
で、なんとなくむずがって泣いてしまう。
果汁(または離乳食)を止めると、あまり泣かなくなった、というケースもあるようです。


※ ※ ※


アメリカ小児学会(AAP/American Academy of Pediatrics)からは「6ヶ月未満の乳児には果汁は必要ない」という勧告が出ています。
私個人的には、「スプーンでほんの少し、お遊び程度にあげてみる」のなら、OKだとは思っています。

そもそも、果汁をあげるというのは、離乳食の準備段階だといいますよね。
色々な味があることを知ってもらうという意味で、果汁をあげるのだと理解しています。

でも、おっぱいは、ママが食べるものによって、まったく味が変わってくるって知っていますか?
第一子のときに、「水分補給のためだ」とスポーツドリンク(普通にどこでも売っているやつです)をがばがば飲んだら…。
なんと!
自分の母乳をなめたら、そのスポーツドリンクの味が…!!
それから、「あぁ、母乳って食べたものがダイレクトに影響するのね」と悟ったのです。






●なぜ抱っこされたいの?



赤ちゃんって、ベッドですやすや眠っているのが普通だと思っている私にとって、ものすごいショックでした。
自分の子が抱っこしていないと泣いてしまうというのは。

まぁ、でも考えてみれば、産まれてほんのちょっとしかたっていないのですから、きっと不安で不安でしかたないのでしょうね。
ママしか頼る人がいないのですもんね。

そうそう。
この件では、私の夫が「目からウロコ」なことを言ってくれました。

私「なぁ、なんでウチの子、抱っこしーひんと泣くんやろ…」
夫「……。猿、見てみ」
私「は?」
夫「猿の赤ちゃん、24時間くっついとるやろ? あれと同じや」

確かにそうなんですよね。
こんど、もし機会があれば、猿の親子の姿をまじまじ見てください。
赤ちゃんはずーっと抱っこされ、母猿のおっぱいを(別に母乳をごくごく飲んでいるわけではなく)くわえているのではないでしょうか?

「なるほど…」

と妙に納得しました。
24時間抱っこ。
そうしなければ、すぐに強い動物に見つかって殺されてしまう。
だから、子は必死になって母親にしがみつき、少しでも離れようなら、ものすごい声で「だっこしろ」と泣きわめく。

この姿が、もしかしたら原点なのかも…。
動物として正解なのかも…。

確かに、猿と人間は全然違う。でも、やっぱり同じほ乳類。
育児のスタイルの原点を知ったような気がしたのでした。


そうそう。
ある面白い話を紹介します。
「一番古い記憶」の話です。
その人の覚えている記憶は、
『天井に向かって泣きわめいている自分』
なんだそうです。
で、なんとその自分は、赤ちゃん。しかも、

「悔しい~」

とその時思っていたことを、覚えているそうなのです。
案外赤ちゃんも、そういう風に色々考えているのかも知れませんね。

寝ない赤ちゃん・寝る赤ちゃん
→寝ない赤ちゃんと寝る赤ちゃん。その差はなんだろう???
[2006/03/10 10:00] ■■日々のいろいろ■■ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。