スポンサーサイト 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お風呂を工夫 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
お風呂を工夫

お風呂って、意外と大変なんですよね。

寝ない子ちゃんはね。
寝かしつけの直前には、お風呂に入らせない方がよい
みたいです。

大人の感覚で行くと、夕飯を食べ、ちょこっとテレビでも見て、お風呂に入ってさっぱりして、で、寝る。

といった感じですよね。

でも。

あなたはこんな経験ないですか?


例えば、テスト勉強をずっとしていてすっごーーく眠かったのに、お風呂にはいったら
さっぱりして、目が冴えた。



お風呂って、リラックス効果もありますが、やっぱりさっぱりしすぎて目がさえちゃうこともありますよね。
そうでなくても、赤ちゃんにとって、お風呂って結構『刺激たっぷり』の体験だと思うのです。

また、お風呂、特にベビーバスの場合は小さいので、入っているうちにかなり湯温が下がってしまうことがあります。
石鹸で体を洗ってすっきりしたら、温かいお湯を足してあげて、血行を良くするのも良いようです。

--------------------

ちょこっと話はずれますが…。

二人目の一週間検診にて、初産のママたちがおしゃべりしているのが聞こえました。

「沐浴って大変よねぇ」
「うん。ほんっとうに大変。これが終わると、”一日の山場が終わった”って思う」

うんうん。私は人知れず頷きました。

何を隠そう、私は一人目の時、沐浴が本当に「嫌」でした。
だって、こわいし、何より疲れるのです。

どうしてかというと…。

私は、「温かいリビングで沐浴をしたほうが良いでしょう」
という育児書の通りに、沐浴をしていたのです。
その結果どうなったか…。

沐浴をさせるためには、
ビニールシートを広げ、ベビーバスをお風呂場から持ってきて乗せ、お湯をバケツにくみ、それをベビーバスに入れる。駆け湯ももちろん用意。

これが大変。
沐浴が終わったら、この反対のことを全てやるのです。
おまけにベビーバスのお湯は重く、ベビーバスごと運ぶことが出来ません。
少しずつ何度も何度も手桶でくんで、捨てました。
そして、その側では泣きわめく我が子が…。
これが毎日です。

かーーっ。書いていて涙がでます。

みなさんは、こんなおバカなことしてないと思います。

二人目の時はどうしたかというと…。

お風呂場で全て済ませました。
ベビーバスをお風呂場に置いて、そこに蛇口からお湯をジャーー。
溜まったら、裸んぼうにした赤ちゃんをベビーベッドから連れてくる。
(冬だったので、その時にはバスタオルにくるんでいました)
きれいに洗い終わったら、ベビーバスの栓を抜く。
そして再びバスタオルに来るんでベビーベッドへ…。

そんな感じ。

こうしただけで、沐浴の時間が苦痛でなくなりました。
なんというか、炊事や掃除の一環というか…。
ま、それくらい日常のなんでもない一コマになったのです。

それにしても、なーーんで、あんなに頑張ってリビングで沐浴させてたんだろ?
わたし…。

ということで、特に新米ママにとっての精神的、身体的負担の大きい入浴時間は、グッズを見直してみると、大幅に疲労軽減ということがあると思うのです。
こまめにベビーバスグッズを探してみて「あ、これがあると私便利かも」というものをチェックしてみてください。

●マットタイプのお風呂グッズ
沐浴は、案外腕の力が必要。パパにお願いしているというママも少なくないはず。
このアイテムは、とにかく、赤ちゃんをお風呂場やそばで寝かせておきたいママ、湯船やベビーバスにつからせるのが怖いというママにおすすめ。スポンジの上に赤ちゃんをのせて洗います。
  


●ベビーバスチェア
動き始めた赤ちゃんは、こういうのが必要だったりするんですよね…;;



赤ちゃんの入眠・起床
[2006/03/30 07:39] ■■日々のいろいろ■■ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。