スポンサーサイト 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ネット活用 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
ネット活用

ネット活用。それは正しい情報を得ることと、お買い物をするためです。


●正しい知識を得よう


インターネット。
何か不安なことがあれば、ちょっと調べてみましょう。
今の時代は、おうちにいながらにして、すごく便利ですよね~。

育児についての情報って、確かにたくさんありすぎてどれを信じてよいかわかりませんよね。
でも、それだけたくさんの情報があるということは、それだけのたくさんの「正解」があるということ。

たしかに情報を鵜呑みにしてはいけません。
できるなら、たくさん調べ、より多く「うん、これは信じたい。こうしたい」という情報に出会えたのなら、それを採用して、自分の子育てに取り入れちゃってOKだと思います!


●自分の気持ちをインターネットに書き込む。仲間を作る

自分でブログを立ち上げ、育児の辛い気持ち、子どもの成長を喜ぶ気持ち、日々の関心事などを言葉にして残すというのも、「自分のなかの感情を消化する」という意味ではとても良いことだと思います。
心の中のぐちゃぐちゃとした気持ちが、文字にすることで整理されて、「あ、私はこういうことがイヤだったのだな」「次回はこうしてみようかな」と思うことができるきっかけにもなると思います。
子育てをしていると、なかなか外出することができず、へたをすると、一日誰とも口をきかなかったなんてことがあります。ブログを通じて友達ができて、コメント欄を通じて交流できると楽しいかもしれませんね。
でも気をつけるべきなのは、「のめり込まない」こと。
ブログの更新にはまって、家事育児がそっちのけになったり、また、「コメントが来ないわ…」「あの人はブログ友達だったはずなのに、どうしてあんなコメントを書くのかしら?」などと、余計な心労を抱えこまないように、注意です!

また、Twitterも、流行していますね。
先の大震災のときには、災害情報を共有したり安否確認をしたりするときのツールとして、かなり注目されました。震災をきっかけにTwitterをはじめられたかたも中にはいらっしゃるかもしれません。
ブログとくらべて、Twitterはかなり簡単なツールといえます。一つの記事が、たった140文字以内ですからね。
なんといっても、その特徴は「リアルタイム性」。(これが震災時にも役に立ちましたね)「いま、まさに、寝ない赤ちゃんを育てているママが育児を格闘している」という情報を、リアルタイムで読むことが出来ます。
なので、同じような育児をしているママをみつけて情報交換をしてみるのもとても良いことだと思います。
やはり、ネットといえども、「育児仲間」がいるのは、とても心強いことだと思います。
興味を持たれたママがいれば、
「寝ない子Twitter」
をご一読くださいませ。


●お買い物をしよう!


私はお買い物が大好き!
女の人で、お買い物好きな方、きっと多いと思います。
好きなものを買えるのって、ストレス解消になるのよね~。ふふふ。
ま、育児中は非常事態ということで、ちょこちょこ好きなグッズを通販しましょ。
もちろん、育児に役に立つものであれば、迷わずゲットだ。


ちょこっとご紹介! 私のネット活用術


○イオンのネットスーパー


言わずと知れた『イオン』です。ここの通販、本当にお世話になりました。というか、今もお世話になりっぱなしです。
なんと言ったって、売っている品数が豊富。そして早い!!!
「あ、お米がない~!」というときや、「おむつが切れそう~」というときに、とてもやくにたちました。
だって、あのトップバリュー商品(安いですよね!)が、ネットで買えてしまうんですよ?
最寄りのイオンから配達してくれるようですので、ぜひ、一度調べてみておくといいと思います。
たとえば、「ママが風邪で倒れてしまった!」「どうしても緊急にトイレットペーパーがいるけれど、とても新生児をつれて買いに行けない!」などという時にも大活躍するはず。前もって会員登録しておき、使い方に慣れていると慌てずに済むと思います。

○Amazon

送料がフリーなものが多く、その面でも使いやすいですよね。大きめのオムツなど、まとめ買いするのも良いと思います。

(Amazonオムツ参考)






楽天

楽天ショップです。本当にお世話になりましたねぇ。品数が豊富で、他ショップ同士、価格がすぐ比べられるところが良いですね。
楽天内には、ベビー用品のショップも充実しています。

アカチャンホンポ楽天市場店
トイザらス・ベビーザらス
西松屋チェーン楽天市場店
ナルミヤオンライン(公式通販サイト)
ミキハウス

○生協

うちは個人宅配を頼んでいます。
>>なおっぺの生協活用はどんな感じか読んでみる

お米、生鮮食品、お水、そして、トイレットペーパーや紙おむつなど、いろんなものを玄関まで届けてくれます。(不在でもOK)
いままではグループ配送(何人かで集まって生協を頼む。当然、生協のトラックが来たら、そのグループの人たちと集う…)しか知らなかったので、頼まなかったんだけれどね(^-^;
赤ちゃん(妊娠中~幼児まで)がいる家庭は、配送料が安くなる制度もあるよ。でも、これは、その地方によって変わるので注意!

パパにヘルプを!
[2006/03/30 03:47] ■■日々のいろいろ■■ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。