寝かし付けるの、皆苦労するよね 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
今日はちょっと小説調(笑)でいってみようかな!

また夜が近づいてくる。
窓の外はもう真っ暗だ。
今日は曇っていて星さえ見えない。

この時間帯、寝ない子ママの心には大きな「不安」と、そしてほんの少しの「期待」が入り交じっている。

今日もまた、あの苦しみを味わうのだろうか。
何分も、何十分も、時には一時間以上をかけ、腕の中で寝かし付けた我が子。
息を潜め、指先に神経を集中させ、慎重にベッドに降ろしていく。
「ふぇーー!!!」
だが、その瞬間、我が子はまさにスイッチが入ったように泣き出すのだ。
そして、寝かし付けはまた一からやり直し。
疲れていく自分の体と心。でも母は眠れない。絶対に眠れないのだ。

いや。
今日は、今日こそは違うかもしれない。
昼間にたくさん遊んだ。
我が子の体はしっかりと疲れているはず。
たっぷりとわがままもきき、奔放な欲求にも応えてあげた。
お昼寝も少なめに切り上げたのだ。
そうだ。眠ってくれるかもしれない。
1時間、いや、2時間は続けて眠ってくれるかもしれない!

なーんて(笑)
発言小町の、「寝かし付けるのがしんどい」というトピックを読んでふと書いてみたくなりました。
でもみな、本当に寝かし付けに苦労しているんですよね。

んー。
なんで、ちびちゃん達は眠るのが嫌い、苦手なんでしょうねぇ。
ママと離れるのが怖いのかなぁ。
動物にとって、「眠る」イコール「自分を食べにやってくる敵にやられてしまう危険性がものすごく高まる」ということなので、眠りを抵抗するという気持ち、行動は、もしかしたら自然の理にかなっているのかも…しれませんが。

全然眠ってくれなかった長男(超寝ない子)と次男(比較的寝ない子)ですが、小学生になった今現在は、誇張なしに、3分で寝付いちゃうんです。
なんなの?
なんなのよー、これはー!
時々、ふと激しく叫びたくなったりもしますね(苦笑)


[2012/10/02 14:28] ■■日々のいろいろ■■ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する