産後ケアセンターね… 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
今日の新聞の記事。
政府は、出産時の支援(これまで手薄だったそうな)を強化するために、出産直後の母子を宿泊や日帰りで受け入れる「産後ケアセンター」を全国で整備するそうです。

記事はこちら

夫婦二人で暮らしていて、実母や義母に頼れない妊産婦が増えていている現在、出産で疲れたママの心身のケアや授乳支援などをするそうです。
そして、(躓きの少ない、順調な)子育てのスタートを応援するのが狙いだそうです。

たしかにね。
私も、育児で一番衝撃的にしんどかったのは、出産して退院後、初めて迎えた夜だったかもしれません。
だって、それまではずっと産院が赤ちゃんを預かってくれていて、自分は授乳に行くだけ。
赤ちゃんがいったい一人で何をしているのか、夜はどれくらい起きて泣くのか、赤ちゃんのギャン泣きの声ってどれほどの大きさなのか、その声を聞き続けることの心身へのダメージはどれほどのものなのか、全く知りませんでしたから…。

産後すぐしばらくの間、赤ちゃんと別室で過ごす。
これは、「出産という、ある意味”大手術にもにたイベント”を経験したママの体を休める」という意味ではメリットがあります。赤ちゃんの健康状態を管理しやすくもなります。
でも、上記に書いたような「我が子のことをほとんど知らずに退院して、いきなり二人きりになる」というデメリットもはらんでいますよね。

長男の授乳指導を個別で行ってもらっていた時、隣のベッドで、経産婦さん(出産後数ヶ月たったくらい?)が来られて、授乳指導の看護部長さんとお話されているのを思い出します。
ママは真剣に訴えていました。
「母子別室は問題が多いと思います」
「私は、我が子のことを知らずに退院してしまって、本当に大変だったんです」
そういったことを、切々とおっしゃっていました。

看護部長さんは、ちょっと困った感じで、
「そうね。わかるわ」
「でも、母体を回復させるためにも、母子別室は必要」
「病室のスペースの問題もある」(総合病院で相部屋がほとんどだったんです。もし母子同室にして誰かの赤ちゃんが泣いたら、必然的に同室のママ全員が起きてしまうでしょうね)
「その意見は私だけじゃどうにもならない。上に報告をあげるわね」
とおっしゃっていました。

その時は、「ふーん。たしかになぁ」くらいにしか思いませんでしたが、二人の赤ちゃんを育てた今、「大切だわ…きっと」と思えます。

記事には、育児不安や過労(多分、睡眠不足だろうなぁ…;;)によって、出産後に1割が産後うつを発症していると書かれていました。
政府がどのような施設をいくつ作るのか、そこで、具体的にどのような支援を行うのかは分かりません。
私個人的には、その施設で、「赤ちゃんって、泣いて泣いて泣きまくるのよー。しかも意味無く泣く時だってあるよー」「赤ちゃんは寝てばかりって嘘よー」「悩んでいるママ、多いよー」と教えて欲しいな。
あとね。
「”ママが睡眠を取れる”施設」があればなぁと思います。
だって睡眠不足って、本当に拷問だもの。人間の頭をおかしくさせるもの。
手軽に、3時間だけでも静かに一人で眠れる時間が確保できると大分違うとおもうのだけれどね。

問題は色々あるとは思います。
パパが、そこに「疲れを癒しにいく」のをどう思うか…とか。
パパが「育児が辛い? じゃあ早くその施設に行ってこいよ。そのための施設だろ? 俺はよく分からないから頼るなよ」と育児の責任を丸投げしないか…とか。
逆にその施設ばかり利用して、ママが育児放棄みたくなってしまわないか…とか。
杞憂かしら。
とにかく眠いよね…。ママ。

産後の母子同室・母子別室
[2013/05/26 08:50] ■■日々のいろいろ■■ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する