スポンサーサイト 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ベッドの上で寝かせるのに命をかけるの、やめません? 

このサイトは引っ越ししました。3秒後に移転先「寝ない子ママの小道具図鑑」に移動します。
長い間この「寝ない子ブログ」を運営していると、全国の寝ない子ママの悩みのキーポイントが何となくですが分かってきたように思うのです。

赤ちゃんを、ベッドで寝かせたい!!

そう。
赤ちゃんをベッドで寝かせて、自分がフリーに動ける時間を作るのに、それはもう必死になってしまうんです。

育児の掲示板を読んでいてもよく目にするんです。
「赤ちゃんがベッドで寝ないんです」
「寝ないので何もできなくて産後鬱になりそうです;;」

分かるんです…。
痛いほど分かるんです…。
私がその「ベッドで寝かせたい」教の熱心な信者でしたから…(汗

ぐちゃぐちゃの部屋。食器桶に使ったまま大量の汚れた食器。
たまりにたまった洗濯物。アイロンがけ。
今日の夕飯作り。
上の子がいれば、上の子の世話。
やらなくてはいけない家事は山ほどある!

だから、赤ちゃんを(抱っこではなく)ベッドの上に寝かしたい!!
何が何でも!!
良くは分からないが赤ちゃんはベッドで眠るもんだ。そうじゃないとダメなんだ!! そうじゃないと私は何も出来ないんだ。
そう思い込んでしまうんです。

私が長男を育児中は…

①一生懸命あやし、授乳し、歌なんかを歌い、寝かし付け、ようやく腕の中で眠らせる。
②そして、そっとそっとベッドの上に移動。
③まるで、一触即発の危険物を扱うように、細心の注意と全神経を使って、ベッドの上に置く。

しかし、赤ちゃんの”かかと”が、ことりとベッドの上に置かれたや否や、赤ちゃんはぱっちりと目を開け、恐怖のギャン泣きが始まる…。

そうなったら、また、①からやり直し。
20分から30分はかかる長男寝かし付けデスマッチの始まりです…。

私は一日中、何かの強迫観念に取り憑かれでもしていたかのように、「我が子が、ベッドですやすや眠っている時間を作る」「自分が我が子を抱いていない状態を作る」ことに必死でした。
そして、どうしてもベッドで眠ってくれない我が子に、「苛立ち」や、(正直に書くと)酷くなればある種の「憎しみ」さえ感じることもありました。

寝ない子ママ。
そういった自分を感じたことはありませんでしょうか?

でもね。
私、次男を産んで、すっぱり「ベッドで寝かせたい」教から離れることが出来たんです。

何故か。

――無理だったんです。
「赤ちゃんをベッドで寝かし付けるための時間を確保」することが。

一人しか子どもがいない状態の育児だと、その一人の赤ちゃんにたっぷりと時間をかけることができました。でも、上の子の世話と並行しての下の子育児になった為、下の子に使う時間が、上の子に比べて「半分以下」になってしまったんです。
(それに加え、”下の子よりも、上の子を意図的をかまってあげる”ことを心がけていたこともあります)
だから、時間のかかる「赤ちゃんをベッドに寝かし付け」作業は出来なかったんですよね。

もうね。
次男。
新生児の時期にベッドで寝るなんて、全然無い(笑
ずーっとスリングで一心同体でした。
スリングの中に入れて家事をする。掃除をする。ご飯も食べる。公園も行く。買い物に行く。
趣味だってやる。お菓子作りも、手芸も、なんだってやる。
授乳だってOK!!! っていうか、部屋のなかでは、スリングの中でおっぱい咥えっぱなし。

結果的にそれが良かったのかもしれません。
「寝かし付け」に関する苛立ちや、「ベッドの上で寝てくれないから何も出来ないよ」というストレスや、「あぁ、また起きた。ベッドの上で寝かしつけ失敗…」という鬱々とした敗北感を味わうことは、上の子の時よりもぐんと減りました。

寝ない子ママ。
ベッドの上で寝かせるの、諦めませんか?
ほんの少し、「ベッドで寝かせたい」教から離れてみませんか?
せっかく買ったベビーベッドはもったいないけれどさ。
もうさ。ベッドで寝なくてもいいじゃない。

「抱っこじゃ何にもできない…」

そうですね。
素手抱っこじゃ、なーんにも出来ません。当然です。
だ か ら!
今は便利な「抱っこ紐」があるじゃないですか。

ご飯だって作れるよ? 記事参照
(簡単な)お菓子だって作れるよ? 
掃除だって出来るよ?
お風呂だって(器具を工夫すれば)洗えるよ? トイレだって掃除できるよ? 記事参照
ママの入浴? スリングの替えがあれば、スリングびしょ濡れにして、抱っこのまま入っちゃえ!
アイロンがけ? 今の時期だけはクリーニングに頼めばいい。

映画だって見放題。レンタルビデオ店に行くもよし。今だけネットで映画見放題の契約をしてもよし。
漫画だって読み放題。レンタルの漫画を宅配便で届けてくれるところもある。

四六時中、スリングで抱っこ。スリングの中でおっぱいをくわえっなしでいいじゃない。
それで、ママと子どもの心に平穏が訪れるならばね…!

何はともあれ、良い抱っこ紐。
ママと赤ちゃんに合う抱っこ紐を是非見つけてくださいませ。
ぜひ寝ない子ママの皆様。自分にあった抱っこ紐を探し出し、楽な育児をしてみてくださいませ!

自分から、「抱っこしっぱなしだから、私は何も出来ない」そうやって諦めないのがコツ。
器具を工夫したり、グッズを活用したり、時間を有効活用したり、出来ることは沢山あるはず。
私は強くそう思います。

さて次はその抱っこ紐についてのお話です。

何はともあれ抱っこ紐
[2013/06/09 17:37] ■■日々のいろいろ■■ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。